ネットビジネス

一発で格上に認められる質問の仕方を知ってますか?

こんにちは、しょーんです。

今回は

年収5億の経営者に「こいつ、やるな。」と思われる質問の仕方について解説していこうと思います。

「質問力」ってめちゃくちゃ大事になってきます。
質問の仕方さえわかっていれば、

ネット上のすごい人に質問の回答を頂けたり、
質問内容とか関係ない深いところまで
一緒に教えてくれるなんてこともあります。

とにかく質問の仕方1つで
「こいつ、やるな。」
「この人にはもっと教えてあげよ。」

と思われることが出来ます。

僕自身も誰かに質問する時はいつも気を付けていることなので参考になると思います。ぜひ最後まで読んで下さい。

質問力を鍛えるために
大切なことは2つあります。

・質問を細分化すること
・「Yes / No」で答えられるようにすること

質問を細分化すること

ネットビジネス初心者でよくある質問が

「Twitterで稼げますか?」
「ブログはオワコンですか?」

これ系の質問めちゃくちゃ多いですよね。
僕も質問自体はしたことないですけど

ブログはオワコンって言われた時に
「え、オワコンなの。やべぇじゃん。」

なーんておもっていました。
(ちなみに全然オワコンじゃありませんよ。気になったら僕の無料メルマガ購読してみて下さい。)

話がそれたんですが、
これ系の質問の一番決定的にダメな部分は
細分化されていないっていうことです。

Twitterで稼げますか?って聞かれても
「稼げる人は稼げるし、稼げない人は稼げないよ。」

としか答えることが出来ないんですよね。

質問の内容が曖昧すぎて
答えも曖昧になってしまいます。

せっかく誰かに質問出来る機会があるのに
曖昧な返事をされたらもったいないじゃないですか?

世の中にはアドバイス料だって存在します。
質問出来るっていうのはお金を払ってもいいくらい、すごい価値があることなんですよ。

質問の内容が曖昧に関して
例えて言うなら
「女子にモテるにはどうしたらいいですか?」

と聞かれているようなものです。
そもそも女子と会っていなければ出会う回数を増やす必要があるし、出会ってても無理なら外見や内面を変化させていくなど

色々人によって状況が違うんですよね。
それをひと括りに「モテるためにはどうしたらいいですか?」って聞かれてしまうと困ってしまうというわけです。

余談ですが、モテナイって言ってる大半の人は出会いがないことがほとんどですよね。
僕もビジネスで成功したら女の子と遊びたいですね。はい。笑

最初の話に戻すと、
「Twitterで稼げますか?」ではなくて、
「副業の発信とTwitterって相性いいですか?」

とかが適切な質問なのかなって思います。
例えば、
これがもし美容系の発信だったら、「インスタの方がいいですよ。」って答えられるわけですよ

相手が答えやすい質問をしていくことが大事というわけです。
これと関連してもう一つ。

「Yes / No」で答えられるようにすること

さっきの例で言ったら

「Twitterで稼げますか?」ではなくて、
「副業の発信とTwitterって相性いいですか?」

この部分はまさにそのとおりになってます。

Yes or No で答えられますよね。

「Twitterで稼げますか?」は情報が曖昧すぎるし、「〜したんですけど、どうしたらいいんでしょうか?」みたいな質問も「Yes or No」で答えられません。

なぜこれをやる必要があるのかっていうと

1つは相手が答えやすいからっていう理由。
もう1つは自分の思考力・問題解決能力が鍛えられるからです。

問題解決能力っていうのはけっこー重要です。
というのも、仮に自分のそばに教えてくれる人がいたとしても
結局作業するのは自分だからです。

僕も、師匠からビジネスについて学んでいますが
一生そばにいて教えてもらえるわけではないのです。

最終的には自立していく必要があります。

動物だって、最初は親に獲物のとり方を教わりますが、
そのうちほったらかされて自分で獲物をとって強く生きていくことになります。

赤ちゃんだったらまだ許されます。
「ごはん、欲しい。」って言ったら
お母さんがお口にご飯を運んでくれます。

ネットビジネスをする上でも強く生きていく必要があるのです

あと他にも

わからないことがあったらググる。
という当たり前のことが出来るようになる練習も含まれています。

ただ、ググったとしてもそれが合っているのかは分かりません。
方向性が間違っている可能性が大いにあるのです。

師匠にも
「一旦自分で答えを出したときに
それが正解だと思わないで下さい。」

とズバって言われました。

なので、
「〜したんですけど、これで合っていますか?」
このような形で僕は師匠に質問しています。

質問というよりかは方向性を確認するための
相談しているという感覚で
やっていくと上手な質問が出来るのかなって思います。

「Yes / No」で答えられるような質問にするためには
必然的に細分化されるので、これだけ意識してやっていけばとりあえず問題ないのかなって思います。

最後にまとめると
年収5億の経営者に「こいつ、やるな。」と思われる質問の仕方は

・質問を細分化すること
・「Yes / No」で答えられるようにすること

この2つになります。
特に「Yes / No」で答えられるような質問をすることが出来れば

・相手が答えやすいので返事がもらいやすい
・ビジネスで必須の問題解決能力も鍛えられる

メリットづくしってわけです。

つまり
「〜したんですけど、これで合っていますか?」

的なフォーマットで質問すればokということです。

ぜひ今日から誰かに質問する時は使ってみて下さい。

期間限定で20万の商材を元にして作った
ブログのアクセスが3倍になった集客の教材を
無料プレゼントしてます

【期間限定】
20万の商材を元にして作った
2週間で1000フォロワー達成した
Twitter集客の教材を無料プレゼント!

「読みやすいです!」と感想を頂き
25名以上の方に手にとって頂けました。

 

↓無料プレゼントの受け取りはこちらから↓
メールアドレスを入力すれば受け取れます。



<学べる内容>

月収200万起業家から学んだ
無意識に人を思い通りのままに操る
禁断のライティング術

最高月収3億6000万マーケターから学んだ
30分の動画でも最後までつい見ちゃう
コンテンツ作りの秘訣

月収700万プロナンパ師から学んだ
モテとビジネスに共通する
最強のマインドセット

累計で340万稼いだ
東大生起業家に教わった
5年ノウハウコレクターの人でも
1ヶ月で0⇢1突破出来る方法

2週間で1000フォロワー達成し
アイドルからSNS運用のお問い合わせがまで来た
僕が教えるTwitter集客の秘訣はこちら

-ネットビジネス

© 2021 20歳の大学生がブログ開設2ヶ月で10061円達成した物語